中国おすすめ時代劇

在中管理人による本当におすすめできる中国時代劇集

大秦帝国 監督:黄健中 2009年公開

更新日:

全51話。
戦国時代中期の秦において、初めて人治ではなく、法律による完全な統治を定着させた商鞅の物語です。

Sponsor Link




日本公開されているのは、この話を500分に編集し直したバージョンになります。
私は短縮版→ノーカット版の順で両方見ましたが、短縮版の方が素直に面白いです。
ノーカット版は、不要なエピソードが多く、中だるみがハンパないです。
見ていると早送りしたくなりますよ。
これを短縮版で発売しようと決めた、スタッフの英断に拍手です。

商鞅です。


魏の要人であった公叔痤の弟子でしたが、師匠亡き後、魏王が商鞅を召抱えなかったので、諸国をぷらぷらします。
やがて秦の密使にその才能を見込まれ、また秦の孝公が「求賢令」を出して、自国の未発展さを認め、広く智謀の士を招き入れると発布したため、この流れに乗って秦へ行きます。

中国は昔から面子の国です。
一国の王が自国の未熟さを素直に認めたこの発布は、内外に驚きを持って知れ渡り、チャンスを求めて多くの弁士が集まりました。
商鞅も孝公に謁見し、才能が認められます。

やがて秦は法治のおかげで強国となり、民の暮らしも豊かになります。

一方で、法治を定着させるには、誰であろうともお情け無用で処罰を行わなければなりませんので、商鞅はたくさんの敵を作りました。
この後の流れは、歴史通りで…。

短縮版でつ何だそれ?と思ったのは、悪者が商鞅の罪状を並べ立てるシーンがありますが、罪状の中に「重婚の罪」があります。
これは短縮版では語られていないエピソードによるものでした。

Sponsor Link




商鞅は魏にいたころにある女性と良い仲になりますが、彼女と正式に結婚する前に、孝公により孝公の妹と結婚させられます。

当時は妾がいるのは当たり前ですから、なじみの女性は妾、孝公の妹は正妻とする結婚が強行されました。
(王女の望みでもあったが、孝公が敵の多くなった商鞅を守るために添わせた)
当の商鞅は、王女との結婚前に、愛する人を友人に「妻」として紹介したことがあり…。
よって、重婚であると言われても仕方がないスキができてしまったのです。
この王女との結婚の話が短縮版では描かれないので、短縮版しか見ていなかった頃は頭にはてなマークいっぱいでした。

秦の中国統一は、1にも2にも商鞅あってのことです。
彼の法治がなかったら、秦は野蛮な弱小国のままで、いつの間にか消えてなくなるような存在だったでしょう。

この商鞅から、次代の恵文王(妃に芈月、配下に張儀)、次次代に昭襄王(配下に白起等)、と有能な人材が綺羅星の如く現れ、天下統一の流れになります。

ぜひスタートの男・商鞅を見てください。

▶Amazon DVDリンク
大秦帝国

追記:
この物語は3部作になっていました。
2部が恵文王の時代、3部が昭襄王の時代です。
恵文王の役者が変わって性格も???なので、最初は違和感がありましたが、2部3部もお勧めですヨ。

Sponsor Link




-春秋戦国
-, , , , , , ,

Copyright© 中国おすすめ時代劇 , 2020 All Rights Reserved.